ホームへ  ホーム   後遺障害と死亡事故   脊髄損傷
弁護士による無料相談会
大きな画面で動画を再生する
日本全国対応!交通事故被害者無料相談ダイヤル0120-078-874受付時間9:30〜19:00
交通事故無料診断サービス
後遺障害と死亡事故
後遺障害
高次脳機能障害
遷延性意識障害
脊髄損傷
死亡事故
用語解説と解決事例
慰謝料
示談金
逸失利益
ライプニッツ係数
後遺障害等級無料診断
解決事例
示談までの流れ
よくあるご質問
弁護士紹介
プライバシーポリシー

脊髄損傷

お気軽にご相談下さい!後遺障害等級無料診断 今すぐ!オンラインで分かる!損害賠償金無料診断
相談料無料・着手金無料・弁護士報酬完全後払い

交通事故による脊髄損傷について

アイコン

脊髄損傷とは?

脊髄とは脳と同じ中枢神経のひとつであり、脳から送られる神経の信号を末梢神経に伝えるなどの重要な役割をしています。
脊髄損傷というのは、脊髄が損傷することですが、脊髄は一度傷つくと二度と再生せず脳と同じ中枢神経なので、脊髄を損傷すると重篤な後遺障害が残存することが多いです。
アイコン

脊髄損傷による後遺障害

脊髄を損傷すると四肢麻痺や対麻痺(下半身麻痺)などの重篤な後遺障害が残存することが多いです。麻痺の範囲は脊髄損傷の生じた部位によって異なることになります。
脊髄の最下部が損傷した場合、麻痺は生じないものの尿路障害などの後遺障害が残存することになります。
アイコン

後遺障害の認定手法

脊髄損傷が生じた場合の後遺障害の等級認定は、原則として、身体的所見及びMRI、CT等によって裏付けることのできる麻痺の範囲と程度により認定することになります。
ご相談の流れ