ホームへ  ホーム   用語解説と解決事例   示談
弁護士による無料相談会
大きな画面で動画を再生する
日本全国対応!交通事故被害者無料相談ダイヤル0120-078-874受付時間9:30〜19:00
交通事故無料診断サービス
後遺障害と死亡事故
後遺障害
高次脳機能障害
遷延性意識障害
脊髄損傷
死亡事故
用語解説と解決事例
慰謝料
示談金
逸失利益
ライプニッツ係数
後遺障害等級無料診断
解決事例
示談までの流れ
よくあるご質問
弁護士紹介
プライバシーポリシー

示談

お気軽にご相談下さい!後遺障害等級無料診断 今すぐ!オンラインで分かる!損害賠償金無料診断
相談料無料・着手金無料・弁護士報酬完全後払い

示談における注意点

交通事故被害者の方にとって、提示された示談金が妥当かどうか判断は困難です。
示談とは、加害者が加入する損害保険会社との間で、裁判等の公的な手続を経ることなく、慰謝料や休業損害、逸失利益などの損害賠償金額(示談金)の支払債務を、損害保険会社(及び加害者)と被害者の当事者間で合意して解決する方法をいいます。交通事故の場合、ほとんどケースがこのような示談という形で終了することになります。

しかし、交通事故被害者の方にとって、提示された示談金が妥当かどうか判断は難しく、納得がいかないものの、良くわからないために保険会社が提示した一方的な金額で示談に応じてしまうケースが多く見られます。

下記のように一度示談をしてしまうと内容を覆すこと出来ませんので、必ず示談成立前に、交通事故に詳しい弁護士に一度ご相談下さい。
当サイトでは賠償金額の目安が簡単にわかる損害賠償金無料診断サービスを行っておりますので、お気軽にご相談下さい!
破線
 今すぐオンラインで損害賠償金を診断する!
破線
アイコン

示談書の内容は後で覆すことはできません。

一度示談書を作成すると、損害賠償債務が客観的に確定してしまいますので、 その後に実は賠償金額が裁判基準などからすると低いことが判明したとしても示談書の内容を覆すことはできません。
ただし、示談成立時に予見できなかった後遺障害が残った場合には、新たな後遺障害分を請求することができる場合があります。
弁護士に依頼せずに被害者の方が個人で示談交渉している場合に、保険会社が裁判基準などの適正な金額を提示することはほとんどありません。
また、そもそも保険会社から提示された内容を検討するためには、豊富な経験と知識が必要となりますので、示談書を作成する前に、損害賠償金額が妥当なものであるかを交通事故に詳しい弁護士に一度ご相談いただくことをお勧めいたします。
アイコン

保険会社の担当者は交渉のプロです。

交通事故の場合には一般的に加害者側の保険会社の担当者と交渉することになります。
しかしながら、保険会社も営利企業ですから被害者側に立って裁判基準などの基準を適用した適正な賠償額を提示してくることはほとんどなく、一般的には、裁判基準より低い自賠責基準や任意基準といった基準で提示することが多いです。
そこで、保険会社の担当者と賠償額について交渉をしなければなりませんが、いわば交渉のプロである保険会社の担当者と、素人である交通事故の被害者が対等に交渉できるはずもありません。
交渉のプロである保険会社の担当者と対等に交渉するためには、交通事故に詳しい弁護士に依頼をするのが一番です。
当サイトの代表弁護士は保険会社の代理人(顧問弁護士)をしていた経験がありますので、保険会社の内情には熟知しており、交渉力が違います!
ご相談の流れ