ホームへ  ホーム   後遺障害と死亡事故   後遺障害
弁護士による無料相談会
大きな画面で動画を再生する
日本全国対応!交通事故被害者無料相談ダイヤル0120-078-874受付時間9:30〜19:00
交通事故無料診断サービス
後遺障害と死亡事故
後遺障害
高次脳機能障害
遷延性意識障害
脊髄損傷
死亡事故
用語解説と解決事例
慰謝料
示談金
逸失利益
ライプニッツ係数
後遺障害等級無料診断
解決事例
示談までの流れ
よくあるご質問
弁護士紹介
プライバシーポリシー

交通事故の後遺障害(後遺症)

お気軽にご相談下さい!後遺障害等級無料診断 今すぐ!オンラインで分かる!損害賠償金無料診断
相談料無料・着手金無料・弁護士報酬完全後払い

後遺障害とは

交通事故後に治療を続けたにも関わらず完治せず、将来改善の見込みもなく、症状が残ったまま治療期間を終了(症状固定)したものを、後遺障害と呼びます。
後遺障害は、最も症状の重い1級から14級までの14段階に分かれて認定がされることになります。
後遺障害の認定を受けるためには、症状固定後に医師に「後遺障害診断書」を作成してもらい、保険会社に提出する必要がありますが、後遺障害の内容いかんによっては後遺障害として認定されない場合もあります。
後遺障害が認定された場合には、後遺障害慰謝料や逸失利益などを請求できる事になります。
後遺障害慰謝料についても自賠責基準、任意(保険)基準、弁護士会基準という3つの基準があります。
弁護士基準で交渉することにより、後遺障害慰謝料についても大幅に増額される可能性がありますので、交渉は交通事故に詳しい当サイトの弁護士にお任せ下さい!
破線
 今すぐ後遺障害等級無料診断を申し込む!
破線

後遺障害の認定

アイコン

認定の手順

後遺障害の等級はどのようにして決定されるのでしょうか?
相手方の車両がいわゆる任意保険に加入していた場合には、その任意保険会社を通じて、損害保険料率算出機構自賠責損害調査事務所という組織に対して後遺障害診断書やレントゲンフィルムなどの必要資料を提出し、損害保険料率算出機構自賠責損害調査事務所から後遺障害の等級を認定してもらうことになります(事前認定)。
後遺障害診断書を提出したからといって必ず後遺障害が認定されるわけではなく、後遺障害診断書の記載内容や各種検査結果によっては「後遺障害非該当」として後遺障害が認定されないこともあります。
適正な後遺障害の認定を受けるためには、必要な検査を行った上で後遺障害診断書に必要十分な記載をしてもらうことが非常に重要です。
そのためには医学的知識も必要となりますので、当サイトでは医学的知識を有する専門の弁護士が対応させて頂いております。
アイコン

後遺障害の異議申立

認定を受けた後遺障害の等級に不満がある場合には、「後遺障害の異議申立」という方法によって再度後遺障害の認定をしてもらう事が可能です。
しかしながら、異議申立書の作成や各種資料の収集には専門的な知識と警官が必要不可欠であり、ご自分で異議申立をしたとしても等級が変更されないケースが多くありますので、異議申立に詳しい弁護士に依頼されることをお勧めします。
当サイトでは医学的知識や豊富な経験を有する弁護士が、異議申立書の作成から申立までをフルサポートしており、その結果等級が変更になった数々の実績を有しております。
後遺障害の異議申立は実績のある当サイトにお任せ下さい!
破線
 後遺障害等級無料診断フォームはコチラ!
破線
ご相談の流れ