ホームへ  ホーム   用語解説と解決事例   逸失利益
弁護士による無料相談会
大きな画面で動画を再生する
日本全国対応!交通事故被害者無料相談ダイヤル0120-078-874受付時間9:30〜19:00
交通事故無料診断サービス
後遺障害と死亡事故
後遺障害
高次脳機能障害
遷延性意識障害
脊髄損傷
死亡事故
用語解説と解決事例
慰謝料
示談金
逸失利益
ライプニッツ係数
後遺障害等級無料診断
解決事例
示談までの流れ
よくあるご質問
弁護士紹介
プライバシーポリシー

逸失利益

お気軽にご相談下さい!後遺障害等級無料診断 今すぐ!オンラインで分かる!損害賠償金無料診断
相談料無料・着手金無料・弁護士報酬完全後払い

逸失利益の算定方法

逸失利益を適正に算定し、損害賠償金を増額いたします。
逸失利益とは、交通事故の被害者が事故がなければ将来にわたって得られたであろう利益の事で、被害者に後遺障害が残存した場合には逸失利益を請求することができます。
逸失利益は下記のような計算式に基づいて計算されることになります。
・逸失利益の計算式
(基礎収入額)×(労働能力喪失率)×(就労可能年数に対するライプニッツ係数)
破線
アイコン

基礎収入額

基礎収入額については、有職者(給与所得者)の場合には、原告として事故前の実収入が基礎収入となります。専業主婦(夫)などの家事労働者の場合には、平均賃金などが基礎収入額になります。
アイコン

労働能力喪失率

労働能力喪失率は後遺障害の等級によって異なることになります。例えば一番軽い後遺障害である14級の場合の労働能力喪失率は5%とされており、一番重い1級の場合の労働能力喪失率は100%とされています。
アイコン

ライプニッツ係数

ライプニッツ係数とは労働能力喪失期間の中間利息を控除するための数値で、労働能力喪失期間に応じて数値が決められています。
まずは、適正な金額を知ることが重要です。
当サイトでは、オンラインで損害賠償無料診断サービスをご利用いただけます。
詳しくは、交通事故案件に精通した当サイトの弁護士にお問い合わせ下さい。

逸失利益算定方法の具体例

次のような場合、逸失利益は下記のように算出されます。
1.基礎収入額 年収300万円
2.労働能力喪失率 14%(後遺障害12級)
3.労働能力喪失期間 事故時40歳として27年間
4.ライプニッツ係数 14.6430
破線
計算式
300万円 × 14% × 14.6430
右矢印
逸失利益
615万0060円
さまざまなケースに応じて、請求できる損害賠償額が大きく異なります。
まずは交通事故案件に強い弁護士にご相談下さい。
ご相談の流れ