弁護士による無料相談会
大きな画面で動画を再生する
日本全国対応!交通事故被害者無料相談ダイヤル0120-078-874受付時間9:30〜19:00
交通事故無料診断サービス
後遺障害と死亡事故
後遺障害
高次脳機能障害
遷延性意識障害
脊髄損傷
死亡事故
用語解説と解決事例
慰謝料
示談金
逸失利益
ライプニッツ係数
後遺障害等級無料診断
解決事例
示談までの流れ
よくあるご質問
弁護士紹介
プライバシーポリシー

示談までの流れ

お気軽にご相談下さい!後遺障害等級無料診断 今すぐ!オンラインで分かる!損害賠償金無料診断
相談料無料・着手金無料・弁護士報酬完全後払い

交通事故発生から示談までの流れ

交通事故発生
警察への報告は必ず「人身事故」として報告して下さい!
点線
事故直後は大したことはないと思っていても、しばらくしてから症状が重くなることもありますので念のため事故当日に病院で検査されることをお勧めします。
事故当日には警察への届けが「物損事故」扱いとなっている場合でも、医師の診断書を警察署へ持参すれば「人身事故」に切り替えてもらう事は可能です。
事故から時間が経過してしまうと人身事故への切り替えがスムーズにいかなくなってしまう可能性がありますので、事故後の症状が出た場合には早めに病院と警察へ行って下さい。
治療・通院
怪我をした場合には継続的に通院して治療を受けて下さい!
点線
上記のように事故直後は大したことはないと思っていても、しばらくしてから症状が重くなる事もありますので、必ず病院での検査を受けるようにして下さい。
こちらの過失がゼロか過失が少ない場合には、治療費を保険会社が直接病院へ支払ってくれることが多いので、保険会社へ直接病院に支払ってもらうよう依頼して下さい。
通勤途中や業務中の事故であれば、労災を利用することも可能です。
仕事の関係などによりなかなか病院への通院ができない場合もあるかと思いますが、病院へ通院しない=痛みなどがない=治療の必要性がないと判断されてしまう可能性がありますので、怪我をした場合には継続的に通院して下さい。
症状の安定(症状固定)
保険会社からの治療費の打ち切りがあった場合には弁護士にご相談を!
点線
治療を継続してケガが完治する場合もあります、残念ながら、ある時を境に幾ら治療を続けても症状がほとんど変わらないなど、治療による効果が感じられなくなってしまうことがあります。
このような状態を「症状固定」といい、この段階以降に発生する治療費は、請求できなくなります。(症状固定時に何らかの症状が残存している場合には、後遺障害の認定を受けることになります。)
事故後しばらく経過すると保険会社から症状固定ではないかとの話があり、治療費を打ち切る旨の提案がされることがあります。
保険会社の提案には合理的な根拠がない場合もありますので、保険会社から治療費の打ち切りの提案があった場合には弁護士にご相談ください。
後遺障害の等級認定
症状固定後に障害が残った場合は、後遺障害の等級認定を!
点線
症状固定後に何らかの症状が残存してしまった場合には、後遺障害の認定を受け、後遺障害として認定されれば等級に応じて、逸失利益や後遺障害慰謝料などを請求することが可能になります。
但し、後遺障害診断書を提出すれば必ず後遺障害の等級が認定されるわけではなく、診断書の記載内容や検査結果によっては後遺障害が非該当となることもあります。
適正な後遺障害の認定を受けるためには、十分な検査を受けて頂くとともに、必要十分な記載を後遺障害診断書にしてもらう必要があります。
どのような検査が必要でどのような内容を後遺障害診断書に記載するのが良いのかについて医学的な知識なども必要となりますので、交通事故に詳しい弁護士にご相談下さい。
 今すぐ後遺障害等級無料診断を申し込む!
保険会社と示談交渉
示談が成立すると、やり直しは出来ません!
点線
一度示談をしてしまうと、特別な事情がない限り示談をやり直すことはできません。
一般的に、保険会社からの提示額は裁判所などで認められる損害賠償金額より低い金額が提示される場合が殆どですので、安易に示談をしてしまうことは禁物です。
当サイトでは損害賠償金の目安がわかる無料診断サービスを行っておりますので、是非お気軽にご利用・ご相談下さい。
 今すぐオンラインで損害賠償金を診断する!
点線
ご相談の流れ